お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【会員専用(先行)】DPC包括評価対象外薬剤一覧(2020年5月20日適用)/DPC包括評価対象外薬剤から外れた薬剤(2020年度改定版)

【会員専用(先行)】DPC包括評価対象外薬剤一覧(2020年5月20日適用)/DPC包括評価対象外薬剤から外れた薬剤(2020年度改定版)

更新日:2020年05月25日


▼行政情報/医薬品情報の資料一覧はこちら

https://stu-ge.nichiiko.co.jp/mpi_documents



〇DPC包括評価対象外薬剤一覧(2020年5月20日適用)

【資料解説】

DPC/PDPS対象病院は基本的には包括点数で診療報酬を算定しますが、新薬、もしくは効能が追加された薬剤の場合、使用状況などのデータがないため包括点数に組み込むことができません。

こちらの資料は、その包括対象外となった薬剤について、厚生労働省ホームページに公表されたデータを基に、日医工MPSグループにて再編集した資料です。

資料のポイント

・一部の薬剤については対象コードの変更・削除・追加があります。

・削除された薬剤は、定義テーブルへの追加等の措置が取られています。これらについては令和2年4月1日から適用されています。

(コードの変更・削除については赤字・取り消し線で記載していますが、次回更新時には該当コードのみ掲載します。)

・令和2年4月21日の告示及び令和2年5月19日の告示で追加された薬剤も掲載しました。

・4月21日の告示で追加された薬剤は4月22日から、5月19日の告示で追加された薬剤は5月20日から適用されます。

・薬剤の「銘柄名」は、検索しやすいよう五十音順で並べております。



〇DPC包括評価対象外薬剤から外れた薬剤(2020年度改定版)

【資料解説】

DPC包括評価対象外薬剤は、診療報酬改定時に見直しが行われます。

こちらの一覧表は2019年3月までDPC包括評価対象外薬剤一覧に掲載されていた薬剤で、使用データが整ったことに伴い、その一覧から外れた薬剤をピックアップしたものです。

つまり、こちらに掲載されている薬剤を、記載されている効能効果又は用法用量で使った場合は、DPCコード(包括点数)で算定することになります。

・こちらの資料も、薬剤の「銘柄名」を、検索しやすいよう五十音順で並べております。



皆さまの業務に少しでもお役に立てれば幸いです。